自律神経 バランス 調整

自律神経のバランスを調整したり痛みの鎮圧、器官の覚醒などを司る

人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3つに分かれていますが、この中耳のところに黴菌やウィルスなどが付き、炎症が起こったり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。

一般的には骨折しない程度のごく小さな力でも、骨の決まった部分だけに複数回にわたって次から次へと力が加わってしまうことにより、骨折に至ることもあるようです。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森の杉やヒノキ、ヨモギなどの虫によって媒介されない花粉が因子となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状をもたらす病気だと広く知られています。

男性の生殖器である前立腺は活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が大きく関係しており、前立腺のがんも同様に、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの働きによって大きくなってしまうのです。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために作用する特殊な酵素や、細胞・組織の活動に関わっている酵素など、200種類以上ある酵素の構築要素としてなくてはならないミネラル分だといわれています。


体の調子が悪いとサプリメントを飲用しましょう。
日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促すという作用で知られていて、血液中のCa濃度を操作して、筋肉の動き方を調整したり、骨を作ります。

素人判断では骨が折れているかどうかよく分からない時は、負傷した所の骨を控えめに突いてみて、その部位に激しい痛みがあれば骨折しているかもしれません。

スギの花粉が飛散する時節に、小さな子どもが体温はいつも通りなのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが出続けているような具合なら、残念ながら杉花粉症の恐れがあるでしょう。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関するその後の後追い調査のデータによると、大人に比べて体の小さな未成年のほうが分散した放射能の深刻なダメージを受容しやすくなっていることが分かるのです。

下腹部の強い痛みをよく起こす主な病気には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患など、色々な部位の病気が挙げられます。


5-HT神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの鎮圧、器官の覚醒などを司っており、単極性気分障害(うつ病)の方ではその活動が落ちていることが明らかになっているのだ。

腰などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在するクッションみたいな役目をしている椎間板(ツイカンバン)というやわらかい円形の組織がはみ出た様子を表しているのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭くなってしまって、血液の流れが途切れ、重要な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋繊維が死ぬという大変重い病気です。

患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、憂うつ感、不眠、著しい疲労感、食欲低下、体重減少強い焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の症状が2週間以上続くのです。

汗疱(汗疱状湿疹)は手のひらや足裏、指と指の間などにブツブツの水疱が現れる病気で、基本的には汗疹(あせも)と言われ、足の裏に出来ると水虫と早とちりされる場合が結構あります。


>>関連ページへ

ホーム RSS購読 サイトマップ